DV(ドメスティックバイオレンス)について | 沖縄の探偵、浮気調査の事ならアーネスト総合探偵事務所

沖縄県公安委員会 第97170006号(一般社団法人日本探偵士会 加盟 第1020号)
MENU

沖縄全域、各種調査対応!浮気調査の事ならアーネスト総合探偵事務所におまかせ下さい。

お電話でのご相談はこちら

TEL:098-867-8273

DV(ドメスティックバイオレンス)について

DV(ドメスティックバイオレンス)について

離婚事由として、「性格の不一致」や「異性関係」等が挙げられますが、「DV」による原因で離婚も多く挙げられます。特に、沖縄県はDVの相談件数は過去最大数(2017年)で、増加しております。また、DVとは肉体的な暴力だけではありません。精神的な暴力・経済的な暴力等も含まれます。DVとは思っていなくても、実はDV被害に遭っている可能性もあります。逆に、DVの加害者になっている場合もございます。

実際のDVとは

上記の行為がDVに該当します。無視や暴言等といった行為もDVになりえますし、生活費を極端に渡さない場合もDVになりえます。気づかぬ内にDVの加害者になっている場合もあります。

上記の被害を受けている場合は、各機関がDV被害から守る為、裁判所からの保護命令を発令してもらう様、サポートもしておりますので、最寄りの配偶者暴力相談センターや警察へご相談下さい。

「DVの証拠となる物を準備」しておけば、貴方の身を守る武器として活用できる事でしょう。

「いざ離婚!」という時は、DV被害の証拠をそろえておくべきです。調停・裁判の際に、必ず有利な証拠となるでしょう。ボイスレコーダーや、探偵・興信所の仕様する撮影機材を使用して証拠を揃えるとより効果的でしょう。また、配偶者があまりにも話し合い(子供の養育費・面会交流や財産の分与等)が全く出来ない人物である場合、勝手に離婚の手続き等を進めてくる場合もあります。離婚届を無断で役所に提出されてしまうおそれがある場合には、事前に各市区町村窓口に「離婚届不受理申し出」をする事も可能となっておりますので、そういった手続きをしておいてもよろしいかと思われます。

アーネスト総合探偵事務所では、DV被害の証拠収集の為の機材のご提案も可能です。沖縄県全域にてご相談承ります。秘密厳守にて対応させて頂きますのでご安心下さい。ご相談・見積り無料です。

※面談の際は予約制となっております。ご予約の際には、お電話又は問い合わせフォームよりご予約下さい。
※差別・違法調査等は固くお断り致しております。
Facebookメッセージからもご相談可能です。
【探偵・沖縄・浮気調査・素行調査・行方調査・盗聴機発見・ストーカー対策・その他調査対応】
沖縄県公安委員会 第 97170006 号 一般社団法人日本探偵士会 第1020号 加盟
 TEL : 098-867-8273(24時間年中無休対応)

 

24時間・365日無料相談受付中

24時間・365日無料相談受付中!!

TEL:098-867-8273

ご相談・お問い合わせはコチラから
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。